TOP > 欠損部位ごとの症例

欠損部位ごとの症例

歯を1本だけ失った場合

歯を1本だけ失った場合

インプラントで歯の失った部分を修復する方法は、ブリッジなどの他の方法とは異なり審美的にも健康的にも満足のいく結果が得られます。1本のインプラントで、自分の天然歯のように自然に感じる事が出来ます。義歯などにみられる顎骨の萎縮の心配もありません。またブリッジを入れる時のように健康な隣りの歯を削る必要もありません。


数本の歯を失った場合

数本の歯を失った場合

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。数本のインプラントを歯のない部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。


歯がない部分が広い場合

歯がない部分が広い場合

今までは取り外し式の部分入れ歯を用いて回復させる場合が多くみられました。これに対し、インプラントなら固定された人工歯を使用することが出来ます。これにより違和感のない咬合機能を得られます。
また複数の歯を失った場合でもインプラントは可能です。両端だけにインプラントを埋め込むブリッジタイプもあります。



01)インプラントの種類について | 02)他の治療とインプラントの比較 | 03)HAインプラントとは | 04)インプラントQ&A | 05)欠損部位ごとの症例 | 06)インプラント治療例 | 07)最良の治療結果を得る為に | 08)インプラント専門用語 | 09)インプラント治療費用 | 10)セミナーのご案内 | 11)リンク集 | 12)監修医院のご紹介 | 13)サイトマップ | お知らせ | インプラント治療に使われる材料等 | 歯の組織 | 治療法等 | 設備等 | お問い合わせ