TOP >レントゲンデジタル化

レントゲンデジタル化

当院で行われるレントゲン撮影は全てデジタルX線撮影です。
デジタルX線は従来のX線に比べ、最大で1/10までX線量を低減することが可能です。
デジタルX線撮影は、瞬時に画像化されるため素早い診断を可能にすると同時に、画像は劣化されることがありませんので、大切な診断データーを長期に保存することが可能です。
また、従来のようにX線フィルムや現像液、定着液を必要としないので地球環境にもやさしいといえます。
最新のデジタルX線撮影のため、以前から言われてきた画像の不鮮明さも大きく改善されています。
またCT撮影においても改良が加えられ、従来のCTの線量より格段にX線量が低減された最新の技術を駆使したCT撮影を導入しています。
当医院は患者様と地球にやさしい医院を目指しています。

CTについて
撮影時間が15秒と短く、被爆量も医科用ファインビームの約1/100程度です。


01)インプラントの種類について | 02)他の治療とインプラントの比較 | 03)HAインプラントとは | 04)インプラントQ&A | 05)欠損部位ごとの症例 | 06)インプラント治療例 | 07)最良の治療結果を得る為に | 08)インプラント専門用語 | 09)インプラント治療費用 | 10)セミナーのご案内 | 11)リンク集 | 12)監修医院のご紹介 | 13)サイトマップ | お知らせ | インプラント治療に使われる材料等 | 歯の組織 | 治療法等 | 設備等 | お問い合わせ