TOP > インプラントQ&A

インプラントQ&A

「インプラント」とは、どんな治療法ですか?

「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、 しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を制作し装着する方法です。天然歯と同様の、健全な咀嚼運動 (噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。

インプラントは従来の方法とどのようにちがいますか?

インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が蘇ります。また、制作された人工の歯もぴったりと固定されてますから、固いものでも楽に食べられるようになります。

インプラントをして、身体に影響はありませんか?

カルシテック・インプラントの表面に使われている材料は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれ、顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。他のインプラントシステムと比較してもさらに生体と馴染みやすく、身体には全く影響はありません。

インプラントは、どのくらいもちますか?

インプラント自体を材質的に考えると半永久的なものです。しかし、実際に考えなければならないことは、生体との調和です。したがってその寿命は、患者さんのお口の手入れによって決まります。天然歯と同様に、手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。治療後の口腔衛生管理はとても大切ですので、歯科医師、衛生士の指導に従ってお手入れの方法を学んで下さい。

インプラントは、どのような人に適していますか?

  • 取り外しの入れ歯が嫌いな人、または仕事その他の事情で不都合な人。
  • 歯が抜けた所を治療するために残っている歯を削られたくない人。
  • 入れ歯で、発音や発声に不便を感じている人。
  • 総入れ歯が合わず、生活にも支障をきたし、不快感を抱いている人。
  • 歯周疾患などでたくさんの歯がなくなり、入れ歯を装着すると残っている歯に悪影響を及ぼすと考えられる人。

インプラント手術時は、痛くないでしょうか? どれ程の時間がかかりますか?

インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、麻酔をして行いますから、痛みは心配ありません。インプラントの手術は、綿密な計画の下に行なわれますので、手術時間の概要のついては事前の診査診断により決定されます。インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは先生にご相談下さい。

●但し、年齢、口腔状態などによっても、個人差がありますので、先生の説明をよく聞いて下さい

インプラントにすると、どのようなメリットがありますか?

  • 歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要はありません。
  • たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければな ません。このかむ力はとても大きなものです。 インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。
  • 奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取りはずさないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

何回も通院が必要ですか?

インプラントを顎(あご)の骨に植え込む1次手術 と、インプラントが顎(あご)の骨と生着した後にインプラント用の人工歯を取り付ける支台を装着する2次手術、そして歯列の型を採る印象採取、その模型を用いて制作したインプラント用人工歯の装着その他などで最低でも6~8回の通院が必要です。また、1次手術から最終人工歯の装着までの期間は、年齢、口腔状態により個人差(約4カ月~1年半位 ) がありますので、先生の説明をよく聞いて下さい。

他のインプラント素材との比較(チタン素材インプラント等)

HAインプラントにはその表面性状であるHAが骨伝導能を有し、骨が添加する足場を提供する能力があります。チタンインプラントは機械的に骨と結合していますが、HAインプラントは化学的に骨と結合しています。チタンインプラントはネジで、HAインプラントはネジに接着材をつけて固定したものとイメージすると分り易いと思います。つまり上顎の骨のように骨質が悪い(初期固定が得られない)条件ではHAインプラントの適応症といえるでしょう。また、上顎洞挙上術やGBRなどの骨造成部位においはチタンインプラントに比べてほとんどの場合治療期間が半分以下に短縮することが可能なことも大きな特徴と言えます。実際上顎洞挙上術において、骨頂から上顎洞までの距離が1ミリであっても4ヵ月後には2次手術が可能です。

抜歯即時埋入においてもチタンインプラントでは条件が限られます。インプラントと骨の間隙が問題になり適応症は間隙が2ミリ以内と言われています。HAインプラントを用いると抜歯即時埋入におけるインプラントと骨の間隙の問題は表面性状の骨伝導能により解決されます。 HAインプラントの骨伝導能を利用することで最小限の介入で最大限の効果を得る術式が可能となります。

治療期間はどのくらいですか?

●歯を抜いてすぐにインプラントが可能
歯を支えている骨がしっかりしていれば、歯を抜いてすぐにインプラント埋入が可能です。歯茎も切らないので、腫れや痛みが従来より少なくなりました。治療期間も大幅に短縮されました。

●治療期間が短縮
インプラント治療の治癒期間が大幅に短縮されました。特に歯を抜いてすぐインプラント埋入ができるケースでは、約2~3ヵ月後には最終のかぶせ物の装着が可能です。従来の治療では、約1年かかっていたのが、大幅に短縮されました。


従来の治療

抜歯後、約2ヵ月後インプラント治療

6ヵ月後
2次オペ後、仮歯装着

更に3ヵ月後
セラミックのかぶせ物の装着


HAインプラントの治療

抜歯と同時にインプラント埋入、
すぐに仮歯装着

2~3ヵ月後
セラミックのかぶせ物の装着

大掛かりな手術になるのですか?

歯茎を切らずにインプラント埋入が可能

以前は、全てのインプラントで歯茎を切ってインプラント治療を行っていました。歯茎を切ると腫れや痛みの原因になります。当院では、なるべく歯茎を切らずにインプラント治療を行っています。特に歯を抜いてすぐインプラント治療を行う場合はほとんどのケースで可能です。

なぜHAコーテイングインプラントを使用するのか?

チタンインプラントでは周囲骨と0.3mm以上のギャップ(隙間)が存在すると骨結合する可能性は低いが、HAインプラントでは周囲に1.5mmのギャップ(隙間)があっても骨結合する。

抜歯窩にインプラントを埋入する場合、インプラントと骨の埋入間隙が問題になります。通常、チタンインプラントを抜歯窩に埋入する場合、抜歯窩とインプラントの隙間をなくすために、なるべく抜歯窩の径にチタンインプラントの径を合わさなければならないためインプラントヘッド径の大きなインプラントを使用せざるを得ない結果となります。このことは、唇側歯槽骨の厚みが得られなかったり薄い遊離歯肉を圧迫して歯肉退縮を招いたりします。これを防ぐために抜歯窩の隙間に左右されない骨伝導性を有するHAコーテイングインプラントを使用することにより、早期にインテグレーションが達成されます。これは抜歯即時インプラントや、骨質の不良な箇所のインプラント埋入が可能な理由です。

HAコーテイングインプラントとは?

ハイドロキシアパタイト(HA)は歯や骨など硬組織を構成する成分であり、この数十ミクロンのアパタイトの薄層がチタンインプラント表面にコーテイングされたものであります。


01)インプラントの種類について | 02)他の治療とインプラントの比較 | 03)HAインプラントとは | 04)インプラントQ&A | 05)欠損部位ごとの症例 | 06)インプラント治療例 | 07)最良の治療結果を得る為に | 08)インプラント専門用語 | 09)インプラント治療費用 | 10)セミナーのご案内 | 11)リンク集 | 12)監修医院のご紹介 | 13)サイトマップ | お知らせ | インプラント治療に使われる材料等 | 歯の組織 | 治療法等 | 設備等 | お問い合わせ