TOP > 歯の組織

歯の組織

一般的に歯ぐきと呼ばれている、歯根を取り囲んでいる部分。 インプラント治療の場合、歯肉を切開する時や治療後の審美性等に大きく関わる部分で、顎の骨と同じ位大切な部分です。

骨の周辺部分(外側)を構成する硬くて緻密な骨で緻密骨とも呼ばれています。

皮質骨の内側にあり、スポンジ状のやわらかい骨です。インプラント治療の際には海綿骨の固さも、治療を行うに重要なポイントとなります。

上顎の奥歯付近の鼻の横にある大きな空洞の部分。奥歯等にインプラントを植立する際に、上顎の骨が薄いとフィクスチャーインプラント体)が上顎洞に貫通してしまい、治療が困難になる場合もあります。その場合、サイナスリフトを行いインプラントを植立するスペースを確保して治療を行います。


01)インプラントの種類について | 02)他の治療とインプラントの比較 | 03)HAインプラントとは | 04)インプラントQ&A | 05)欠損部位ごとの症例 | 06)インプラント治療例 | 07)最良の治療結果を得る為に | 08)インプラント専門用語 | 09)インプラント治療費用 | 10)セミナーのご案内 | 11)リンク集 | 12)監修医院のご紹介 | 13)サイトマップ | お知らせ | インプラント治療に使われる材料等 | 歯の組織 | 治療法等 | 設備等 | お問い合わせ